Googleサイト内検索:

We have been making great strides now
会社情報求人情報営業地域サイトマップ



$siteCategory

ブログのトップへ

カテゴリー

diary(109)

受注例あれこれ(22)

趣味・個人のこと(17)

知っておくと役に立つこと(28)

営業活動(23)

最近のエントリー

新聞広告のデザイン

学校案内の撮影

透明カバー付きのハンドブック

5色刷りの効果

厚紙印刷

カラーチャートを印刷テスト

デジコン色校正の終了

カラーバーとインキ濃度と本機校正

菊全5色機導入しました

断裁機と計数器

プロフィール

大信印刷株式会社:セールスディレクター。DTPエキスパート。
大学を卒業して大信入社以来、気がつけば20年以上営業一筋。 毎日の営業の中で出会った人、仕事、経験、喜び、失敗を大切に少しでも営業として成長していきたいな、と思っています。

ご相談はお気軽に…

hatakeyama@dprint.co.jp

今でこそカラーの印刷も誰でも簡単に作成できるが、マッキントッシュというパソコンを使って印刷物の版下を作りはじめるまでは、この作業はまさにプロの仕事だった。文字を写植機で打ち、写植文字と写真のアタリを版下に貼り込み、その版下に色指定をする。版下は白黒の1色だから、カラーで印刷した上がりは分からない。だからデザイナーさんは頭の中で仕上がりのイメージをしっかりと持って色指定をする。製版で色分けされて色校…
[ 2012年07月31日 ]
GWに子供たちといちご狩りに長野県の喬木村に行ってきた。“子供たち”と書いているが、実は自分が行きたかった。と言うのも、“たかぎ村のイチゴ狩りは時間無制限、練乳のおかわり自由です。おいしいイチゴをお腹いっぱい食べられます。”とホームページにあるのを見つけてしまったからだ。いちごを食べる時はいつも無意識のうちにあと何個、と見ながら食べている。1人1,300円でそんなことなく食べれるのなら一度は経験し…
[ 2012年05月27日 ]
久しぶりにビジネス書を買ってみた。本屋さんでなにげに目に飛び込んできた本のタイトルは「営業のルール」。まあ長年営業をしているとなんとなく“これがルール”というものを勝手に作ってしまっているし、今さら変えるなんてことは出来ないように思えるので買うつもりはなかった。でもセミナーや勉強会などに参加するときもそうだが、必ず自分にとってプラスになるものが何か一つくらいはある、それを見つけようとペラペラとめく…
[ 2012年03月25日 ]
弊社も少し前に創業60周年を迎えた。この60年前というと時代は戦後、つまり昭和20年代、だいたい日本が復興を始め激動する期間にあたる。と言う訳で近年創業60周年を迎える企業が弊社に限らずたくさんある。…
[ 2012年01月22日 ]
「いつまでに入稿すれば納期に間に合いますか?」という質問をされると、「完全データなら…」と結構ぎりぎりの日程を決めてしまうことがある。もちろん最初は少し余裕を持っておこうと決めるのだが、原稿作成が遅れると本当に全く余裕のない日程になることもある。そんな時に、入稿データをPDFで渡す、と言われると、「PDF/X-1a”でください。」と確認のお願いする。“PDF/X-1a”というのは印刷用途に最適化さ…
[ 2011年11月19日 ]
中学の時、SL(蒸気機関車)がなぜか好きになった。はっきりとした理由は覚えていないが、SLの写真を撮りに1人木曽福島に日帰りで行ったり、友人と2人山陰に行ったりした。あれから30年以上経った今、またなぜかそんな青春(?)を懐かしく思い出す。…
[ 2011年09月25日 ]
先月、たまにはフレンチかイタリアンを食べにいこうかと思い、せっかくなので日常とは少し違う、雰囲気のいいお店はないかとネットで探してみた。最初は大阪市内でと何軒かリストアップしてみたが、どこにしていいか決め手がなく迷ってしまった。では北摂でもと思い探していたら、能勢に「ココに行きたい!」と思えるお店が見つかった。…
[ 2011年08月09日 ]
初めて印刷物の校正担当になられたお客様が、“校正記号表”を手元に朱入れの方法を勉強されておられた。印刷に関わるものとしては当然と言えば当然のことだが、最近は誰でもパソコンで組版ができるようになり、校正記号を知らなくても校正作業をして訂正までしている。だからとても新鮮な光景に出会った感があった。そして何気なくその校正記号表を見てみると、もしかしたら今ではほとんど使われなくなった記号があるのに気がつい…
[ 2011年07月03日 ]
印刷が終わったあとのアルミ版を回収にきたトラックの荷台を何気なく見ると、活字が詰まった箱が目にとまった。どこかの印刷会社から不要になったので引き取ってきた活字棚だ。今の若い人なら何とも思わないだろうが、私にはとても懐かしい光景を見てしまった。…
[ 2011年05月25日 ]
私がこの会社に入社した頃はハイデルベルグ社製の活版印刷機が現役で活躍していた。昔ながらの活字を組版し、どっしりとした重量の版が工場内に積み重ねられていた。活字の印刷はオフセット印刷にないとてもしっかりとした墨の濃さがあり、文字ものの印刷には大変評判が良かった。また印刷時に活字や罫の圧が紙にかかるので、指で触るとその部分がへこんでいるのがわかる。言い換えれば印刷部分を触れば、活版印刷であることがわか…
[ 2011年03月06日 ]
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages

このページのトップへ
このサイトについてDTPエキスパート紹介個人情報保護方針について個人情報の取扱いについて
Powered by Movable Type 3.151-ja